ご案内

ひめ美域会員 募集中

ScanSnap

学びの後のデジタルファイリング

手にした書類 あなたはどう管理していますか?

私の書類管理

子どもたちが学校や塾、習い事のお教室からのおたより

自分の仕事の書類、学びのレジュメ

手にしたらファイリングして棚に片付ける前に

まずは ScanSnap ix1500 で スキャン

すぐ処分するものも 取っておくものも ひとまず デジタル化して 

いつでもスマホで見返せるように

デジタルファイリングをしちゃいます

ScanSnap

日々の暮らしの中で 欲しい家電 欲しいもの は 家族それぞれにあって

おうちにあるプリンターにスキャン機能ついているし…

多くの人がスキャン専用品の購入にいたらない件

わたしも購入前は 同様に思っていた人でした

しかし、購入して使ってみないとわからない ScanSnapの良さ✨

わたしが現在保有している 

ScanSnap ix100 ix1500 について

ご紹介したいと思います

左:ix100 右:ix1500

ScanSnap ix100

まず初めに購入したのが、 いつでも快適に使えるモバイルモデル ScanSnap ix100

特徴

  • バッテリー内蔵、Wi-Fi対応モデル
  • ワンタッチでクラウドサービスへ直接連携
  • スマートフォン連携
  • スキャンスピード 1枚5.2秒
  • A3対応可能
  • カラー自動判別
  • 原稿サイズ自動検出、傾き 向き 補正   他
  • ix100は ラップサイズ  のコンパクトさがお気に入り

    家の中でも邪魔にならない大きさ

    外出先でもスマートフォンに連携するだけでクラウドサービスにデータを自動で送れるのも魅力的

    私は特に帰省の際、必ずスーツケースに入れて持ち帰るのがお決まり

    実家にあるアナログ写真や必要書類をデジタル化したり、

    訪問した場所のパンフレットなど帰りの荷造りしながら読み込んだりして

    紙類は処分して,必要なもの以外自宅に持ち帰ることはしません

    ScanSnap ix1500

    2021年1月18日をもって販売終了。後継モデル ix1600

    ix100で専用スキャナーでのデジタル化の快適さを知った私

    ただix100は1枚1枚手差しでスキャンしなければならない。

    人生100年時代と言われる折り返しの年齢にさしかかり、

    沢山の書類や写真を出来る限り整理して身軽になりたくなった私。

    ix1500の購入に踏み切りました。

    学びで手にしたレジュメは ix1500 でデジタル化して Evernote で保存

    2021年1月18日をもってix1500販売終了。

    後継モデル ix1600 の特徴

  • A4両面カラー 1分40枚
  • A3サイズ対応
  • 原稿搭載50枚
  • 大量の紙を処分するにこのスピード感はたまりません

    紙は全捨て?!

    TVでこんまりこと 近藤麻理恵さんの口から

    「紙は全捨て!」と聞いたときには衝撃が走りました。

    あらゆる資料をきちんと整理は出来ていても、

    内容を残したい私にとって紙を手放すのはとても難しいこと。

    しかし、時代の流れとともに スマートフォンの普及、

    世の中のペーパーレスへの動向も相まって

    書類のデジタル化で 内容は手元に残しつつ 現物は処分できる 

    デジタルファイリング いう術を得ることが出来ました。

    未だ 【全捨て】には至らないまでも 大量の書類を手放せました。

    そして、それらを見返すことの少なさも実感

    でも、残すことで助けられる瞬間があることも実体験

    紙とお別れすると 神が来る!!!

    紙は

    陰の気を吸いやすく

    古くなると変色もするし、においもする

    その原因となる 紙ダニもわきます

    紙とお別れすると そこには新しい情報が舞い込んできます

    思いのあるものとお別れする必要はないけれど

    見返さないような取りたてて必要のないものは 

    形として残さない方法

    それが わたしのおすすめする21世紀の 

    賢いデジタルファイリング なのです。

    Follow me!

    友だち追加

    最近の投稿

    カテゴリー

    -ScanSnap
    -, , , , , ,

    PAGE TOP